2012年10月29日

絶望の未来1 クリア後 その2

絶望の未来1 クリア後 その1から続きます。

ナーガ
よくやってくれました。
異界の戦士たち。▽
あなたたちのおかげで
あの4人は死の運命から逃れられました。▽
きっと無事にイーリスまで
宝玉を持ち帰ってくれる事でしょう。

クロム
そうか。
力になれたのなら良かった。

ナーガ
ですが、これで完全に未来が
変わったわけではありません。▽
このまま姫君に
2つの宝玉が渡ったとしても、▽
残りの宝玉と台座が無ければ
何の意味もありません。▽
全ての宝を揃えるために、
もう少しだけ、協力してくれますね…?

クロム
あぁ、もちろんだ。

ナーガ
ありがとう、異界の戦士たち。
あなたたちに助けを求めて良かった。▽
どうかこの先もあの世界の
運命を変え続けて下さい。▽
あの世界が希望で満たされるか
絶望に塗りつぶされるかは▽
あなたたちの
その手にかかっています。

ルキナ
…………▽
…………▽
今日も、多くの民が犠牲となりました…▽
屍兵の勢いも日増しに
強力なものとなっている…▽
こんなの…まるで滅びまでの時間を
先に延ばすだけの戦いだわ。▽
この城が落とされるのも
もはや時間の問題…▽
みんな…
早く…早く戻ってきて…▽
…………

チキ
…大丈夫? ルキナ…
何か思いつめていたみたいだけど。

ルキナ
チキさん…?▽
は…はい、大丈夫です。
少し考え事をしていただけで…▽
それよりも、どうしてこちらに?
虹の降る山に避難されていたはずじゃ…

チキ
あの場所は落とされたの。
数日前…屍兵に。

ルキナ
まさか…!
あんな場所にまで…!?

チキ
でも、あなたが山に優秀な兵を
配置してくれていたおかげで、▽
共にいた民たちは無事に
こちらへ戻ってくることができた。▽
それでも何人か、
犠牲は出てしまったけれど…

ルキナ
そう…ですか…
あの場所も、もう…

チキ
…………▽
…ねぇ、そういえば、いつもあなたと
一緒に戦っている子たちはどうしたの?▽
姿が見えないようだけれど…

ルキナ
皆は…ペレジアに。

チキ
ペレジア…!?
なぜ今、あんな危険な場所に…▽
!! まさか…
【覚醒の儀】のために?

ルキナ
…そうです。
あの邪竜を倒すには、▽
5つの宝玉を炎の台座に収めた
【炎の紋章】が必要…▽
ですが、先の戦争で宝玉と台座は
ペレジアの手に渡ったと聞いています。▽
皆はそれを取り戻すために…

チキ
そう…それで姿が
見えなかったのね…▽
でも、あなたをイーリスに残した
彼らの判断は賢明だわ。▽
炎の紋章が完成しても、
儀式を行う者がいないのでは無意味だもの。▽
あなたは少しでも
安全な場所にいた方がいい。▽
もっとも、
ここがそうだとは言い難いけれど。

ルキナ
…ですが、皆が旅立ってから
随分と経ちます。▽
考えたくはありませんが、
最悪の事態も視野に入れないと…

チキ
…ルキナ…▽
大丈夫、きっと皆は無事よ。
そうに決まってる。▽
ペレジアでは、宝玉と台座は別々の場所で
厳重に保管されているという話だもの。▽
それを全て取り戻して帰るのに
時間がかかるのは当然のことよ。

ルキナ
…はい、ありがとうございます。
あまり悪い事は考えないようにしますね。

チキ
そうね。その調子よ。
悲観的になるだなんてあなたらしくないわ。▽
皆が帰ってくるまでは
その分私が戦って…▽
!! ルキナ、危ない!!
…ぐっ!?

ルキナ
チキさんっ!?

???
…………

チキ
あなたは…▽
まさか…イーリス城内に
入ってくるだなんて…▽
ルキナ…早く…逃げ…

ルキナ
チキさん!?
チキさん…! しっかりして下さい!▽
チキさん…っ!!!!!
posted by IMOKO at 17:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 絶望の未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

絶望の未来3 クリア後 その3(追記)

絶望の未来3 クリア後 その2の続きです。

ロラン
…皆さん、遅いですね。

ノワール
ロ、ロラン…
まだ時間よりずいぶん早いわよ。

ロラン
いいえ、集会に来るのなら
定刻きっかりには始められるよう、▽
少し前には到着しているべきでしょう!▽
自警団の重要な
定例会議に遅れるだなんて…▽
ギムレーに勝利して
まだ1年も経たないというのに、▽
皆さん早くも
平和ボケなのではないですか?

ノワール
す、すみません…

ロラン
ノワールが謝る必要はありませんよ。▽
あなたは僕よりも早くこの場所に
来ていたのですから。

ノワール
それは…待っている間に
これを作ろうと思ってただけで…

ロラン

あぁ、ノワールは民たちに頼まれて
お守りを作り始めたのですよね。▽
僕も評判は聞いていますよ。▽
何でも『幸せになる呪い』をかけた
お守りだとかで…▽
これが作りかけの物なのですか?

ノワール
無闇に触るでない!
形が崩れるであろう!!

ロラン

す、すみません…!!

デジェル
あら、2人とも早いのね。
まだ誰もいないかと思ってたわ。

ノワール
デジェル…団員希望者たちの
試験はもう終わったの?

デジェル

えぇ。さすがあの戦災を
生き抜いただけあって、▽
なかなか骨のある奴らだったわよ。▽
あれなら私たちの仲間として相応しいわ。▽
ね、ウード。
あなたもそう思ったでしょう?

ウード
……そうだな。
すごくいい奴らだった…すごく。

ノワール

あ、あら…?
今日はいつもの話し方はしないのね?▽
それに…どうしたの?
その締りの無い顔は…

デジェル

そりゃあ、あれだけ
みんなから褒め称えられればねぇ…

ロラン
何かあったのですか?

ウード
ついに…
ついに俺の時代が来た…

ロラン
え?

ウー
俺が『血が騒ぐー!』って言うと、
『さすが世界を救った英雄!』とか、

『やはり聖王家の血筋の方は違いますね!』
とか言ってくれて…!▽
これぞ俺が長年求めていた反応!
真の英雄に向けられる賞賛の言葉だ!

デジェル

単にみんな、
あんたの奇行が物珍しいだけでしょ…▽
まぁ、飽きられるまでは
楽しんでおきなさい。

ウード
ふっ…
その心配は無い。▽
今後はより英雄性を強調するために、
歌劇風の表現なんかも考えているからな。▽
俺の血が騒ぐ様を
壮大なる輪舞曲に乗せて…!

ロラン
それはちょっと…
やめた方が…

デジェル

あ、あれってアズールとブレディと
シャンブレーじゃない?▽
おーい、こっち、こっちよ!

アズール

わぁ、もうみんな集まってるー!
久しぶりだねー!!

ブレディ

てめえら元気そうで何よりだぜ!

シャンブレー

お、お前ら大声出すなよ…▽
俺がここにいることがバレたら
どうしてくれるんだよ…!!

ウード
何故だ? 別に今更
絶滅に怯える必要など無いだろう?

シャンブレー
逆だよ! 最近過保護されすぎてて
厄介なことになってるんだ…!

アズール
なんかね、シャンブレーのことを
希少な種族だって知った人たちが、▽
『タグエルを絶滅させないぞ会』とかいう
妙な会を結成したんだって。

シャンブレー
下手なものを食べようとすると
数人がかりで止められるし、▽
変身は目立つから危険だとか言われるし、
俺は愛玩動物じゃないんだぞ!

ノワール
でも…シャンブレーにとっては
願ってもない話じゃないの?

シャンブレー
嬉しいんだけど、さすがに疲れるぜ。▽
四六時中付きまとわれて
気を使うし!

ンン

私もなのです…

シャンブレー
ンン!

ンン

みんな、お久しぶりなのです…

ロラン
お、お久しぶりです…

ブレディ
ンンもなかなか疲れた顔してるな…
どうしたんだよ?

ンン
それが…チキさんが
いなくなってからというものの、▽
皆さんが今度は私を竜の巫女として
崇めるので、すごく気を使うのです…▽
おかげで外出も一苦労なのですよ。

シャンブレー
わかる! わかるぜンン!
やっぱり異種族同士わかりあえるんだなー!

ンン
あ、でも欲しい物を言うと、
何でもお供えしてくれるので、▽
その点は素晴らしいのです。
みんな欲しい物があれば私に言うですよ。

シャンブレー
え…そっちはそんな事してくれるのか?
羨ましい…▽
何だかんだいって
楽しんでるんじゃないかよ…

(ミネルヴァの鳴き声)

シャンブレー
な、何だ今の鳴き声な!?
敵か!?

ジェローム
失礼だな。この愛らしい飛竜が、
敵であるわけがないだろう。

シャンブレー

ひ、ひぃぃ!
何か知らない奴が来たぞー!!

ジェローム

…………え?

ンン
…ほ、本当なのです。
この辺りでは見かけない顔なのですよ…

デジュル
もしかして入団希望者かしら…?
い、今係りの者を呼んで来るから!

ジェローム
…………

ウード
…あの、悪いんですけど、
入団希望ならまずは書類を…

ジェローム

…馬鹿かお前らは!!▽
俺はジェロームだ!!

ウード
なにっ!? 貴様ジェロームか!
そういやお前そんな顔だったな!

ノワール
ジェローム、仮面はどうしたの…?

ジェローム
もう素顔を隠す必要もないと思ってな。
最近はずっと外している。▽
あれをしていると、
飛竜たちの顔もよく見えんしな。

ノワール
そういえば…ジェロームは
飛竜の保護をしてるんだったわね。

ジェローム
あぁ。▽
それに、仮面がないと皆
俺が誰だかわからないらしくてな。▽
英雄だ何だと呼び止められて
煩わしい思いをするようなこともない。

デジェル
そ、それは便利だわ…!▽
私たちも日々仮面をつけて
戦うべきだったわね…▽
むしろ今からでも全員で
買いに行くべきなのかしら!?

アズール
えぇー!
いやだよそんな仮面集団!▽
僕はこのままでもいいよ、
すぐ誰だかわかってもらえるし。▽
邪竜を倒した戦士様だーって、
踊りに行ったときもウケがいいんだよね。

ンン
アズールはダンサーになれたですか?

アズール
…正確には、それらしい活動が
できるようになった程度、だけどね。▽
でもやっぱり、僕の踊りでみんなが
笑顔になってくれるのは嬉しいよ。▽
ちょっとずつだけど、小さな祭典とかで
踊って欲しいっていう依頼も増えてるんだ。

ンン
すごいのです…!▽
ではそのうち売れっ子になって、
ナンパの成功率も上がるかもですね!

アズール
んー…
それはもう、いいかな。

ンン
へ?
もうナンパはしないのですか?

アズール
うん。もうそんなことしなくても、
女の子たちみんな笑顔だからいいんだ。▽
それに、今はもっと自警団の雑務とか、
踊りの練習とか、色々やらないとね。

ブレディ
ほんとだぜ。お前、今日3曲目の
出だしで振り付け間違えただろ。

アズール

…あ、バレた?

ブレディ
バレた? じゃねえよ!
俺が曲を間違えたかと思っただろうが!▽
練習だったからいいけどよ、
次からは気ぃつけろよな!▽
ま、そういう俺も完璧には
演奏できてなかったんだけどよ。

アズール

うん…途中で自分の音楽に感動して
泣き出してたもんね…

ロラン

ブレディが
曲を担当しているんですか?

ブレディ
あぁ。俺の演奏する曲に合わせて
アズールが踊りを披露する。▽
俺はずっと音楽家になりたかったから、
ちょうど良かったんだよ。▽
それに、これは生前の母さんたちの
夢でもあったからな。

ノワール

素敵な夢だわ…
叶えられてよかったわね。

ブレディ
ありがとな。▽
…まぁ、ゆくゆくは俺の淹れた
紅茶でも飲みながら▽
楽しんでもらうってのをやりたいんだが…
それはもう少し先になるな。

アズール
次はウードも一緒に出るんだよね。
なんだっけ? 歌劇風?

ウード
あぁ! 俺の血が騒ぐ様を
曲と踊りに乗せて表現してやるんだ…!

デジェル
…それでさっき方向転換するって
言ってたのね…

ロラン
これで出席者は全員ですね?
ではそろそろ…

ルキナ
すみません。
…私も参加していいですか?

ロラン
…え!?

アズール
ルキナ…!?

ブレディ
お前、城にいなくて大丈夫なのかよ!?

ルキナ

はい。城には
信頼できる兵を置いてきました。▽
落とされることなどあり得ません。

ジェローム
いや、そうではなくて…
お前の身が平気なのかということだ。▽
いくら腕に覚えがあるとはいえ、
聖王が護衛も付けずに外出というのは…

ルキナ
護衛なら、いますよ。

ジェローム
なに…?

シンシア
ふっふーん! 新・聖天馬騎士団
シンシア、参上ーっ!

デジェル
シンシア!?
あんたいつの間に…!

シンシア
かっこいいでしょ? 天馬騎士団!
あたし、前から憧れだったんだ。▽
自警団が復活したんだから、
天馬騎士団も復活したっていいよね!

ルキナ
あまりに熱心にお願いされたので、
根負けしてしまいまして…

シンシア
へへっ、どっちにしろ
護衛は必要でしょ?▽
ルキナのことは新・聖天馬騎士団の
あたしたちが、がっちり守るんだから!

ノワール
あたしたち、って…?
シンシアのほかに誰かいるの…?

セレナ
…………

ノワール
セレナ…!?
最近自警団に顔を見せないと思ったら、▽
天馬騎士団に入ってたの…!?

セレナ
な、なんか文句ある?
シンシアに誘われたから仕方なくよ!▽
別に、母さんの後を継ごうだなんて、
これっぽっちも思ってないんだから!

ノワール
ふふふ、本当かしら。

シンシア

セレナはすごいんだよ!▽
槍さばきなんか誰も真似できないし、
手槍も遠くまで飛ばせるし、▽
さっすがティアモさんの娘って感じ!▽
あたしも追い抜かれないように
頑張んないとなぁー。

ンン

へぇ、それは心強いのです!

ルキナ
まぁ、そういうことですから、
私の身は大丈夫ですよ。▽
それに…寂しいじゃないですか。▽
自警団の皆が集まるのに、
私だけお城にいるだなんて。

ウード
ほんとにルキナは
クロムさんそっくりだぜ。▽
けど、これで久しぶりに
12人全員揃ったな。▽
ほらロラン、早く集会始めようぜ!

ロラン
そうですね。▽
では定例となりましたので、
これより自警団の定例集会を始めます。▽
次に、虹の降る山及び周辺地域の
復興についての報告ですが…▽
(ミネルヴァの鳴き声)
…ジェローム。
集会中はお静かに願いますよ。

ジェローム
…すまん。
どうしたミネルヴァ?▽
…!!▽
…皆、聞いてくれ。
近くに屍兵の気配があるらしい!

ルキナ
!!

ジェローム

数は数匹程度だそうだが、
まさか、まだ残っていたとは…

シャンブレー
はぁ…なかなか真の平和は
遠いなぁ…

アズール
まぁまぁ、もう少し時間がたてば
屍兵もいなくなるよ。

ウード
真の終焉まで俺たちは戦い続ける…か。
ふふん、さすが英雄だな!

ブレディ
…上等だ。屍兵なんて
みんなボッコボコにしてやるぜ!

ンン
屍兵討伐は久しぶりなのです!
腕が鳴るのですよ!

デジュル
同感だわ…!
最後の一匹まで逃がすもんですか!

ノワール

念のため、弓を持って来てて
良かったわ…

ロラン
ま、待って下さい!▽
まさか全員出撃する気ですか!?
屍兵数匹にこの人数はちょっと…

ブレディ

俺たちはどんな相手にも
全力を尽くすんだよ!

シャンブレー
近くに住んでる人達の安全も
確保しないといけないしな!

ジェローム
…まぁ、少なすぎるよりは
良いのではないか?

アズール
そうそう! ロランもほら、
ぼっーっとしてないで行くよ!

ロラン
ぼ、僕もですか…!?▽
全く…仕方ないですね。

ウード
よーし、そんじゃ
新・クロム自警団、出動だ!!

シンシア
…………
…ルキナぁ…

ルキナ
どうしたのですか、シンシア?

シンシア
大丈夫かなぁ、みんな…

セレナ
…あんた何言ってんのよ。
たった数匹にあの人数よ?▽
それに、まだみんなが行ってから
少ししか経ってないじゃない!▽
あ! あんたまさか新しい口上を
試したいとか思ってるんじゃ…

シンシア

ち、ちちち違うもん!
あたしはただ、みんなが心配で…!

ルキナ
…はいはい、シンシア。
あなたの気持ちはわかりました。▽
聖王として、特別に出動を命じますから
みんなの様子を見て来てください。

シンシア
!! ありがとうルキナ!

セレナ
…いいの?
護衛が一人減ったわよ。

ルキナ
大丈夫です。
護衛ならセレナがいますし。▽
それに…いざとなったら、
自分の身は自分で…ね?

セレナ
ずいぶん物騒な聖王だこと。
おっかなくて誰も命なんて狙えないわ。▽
ほんとは天馬騎士団なんて
いらないんじゃないの?▽
あんた一人でもどうにかなるでしょ?

ルキナ
私は、一人では何もできませんよ。
みんながいるから…頑張れるんです。

セレナ
ほんとかしら。

ルキナ
本当ですよ。

セレナ
…まぁいいわ。▽
シンシアも行っちゃったし、
あたしたちは城で報告を待ってましょ。▽
帰りはあたしのペガサスに
乗っけてあげるわ。▽
準備するからここで待ってなさい!

ルキナ
よろしくお願いしますね、セレナ。▽
…………▽
…今日も、綺麗な空ですね。▽
…ねぇ、お父様。
見ていて下さってますか?▽
私ね、みんなとこうやって
過ごせるのが…すごく楽しいんです。▽
でも幸せだなって思うたび…
この瞬間が愛しいって思うたびに、▽
お父様やお母様、そして皆さんが…
ここにいればと願ってしまうんです。▽
この剣がもう一度光って、▽
今度は本物のお父様たちが
来てくれないかなって…▽
そう思ってしまうんですよ。▽
…ふふ。
欲張りですね、私は…

セレナ
ルキナ! 準備できたわよ!

ルキナ
はーい!

クロム

…………▽
そうだな…
今日も綺麗な空だ。▽
俺たちが何としてでも取り戻したかった…
美しい光に満ちた空だ。▽
…ルキナ。
俺はずっと傍にいる。▽
その剣を光らせることはできなくても、
この声が届かなくても…▽
仲間と一緒に、ずっと
お前たちを見守っているから。▽
…なぁ、ルフレ。▽

ルフレ
…………▽
…あぁ。

Fin


絶望の未来3 クリア後 その1
絶望の未来3 クリア後 その2
posted by IMOKO at 01:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 絶望の未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

絶望の未来3 クリア後 その2

絶望の未来3 クリア後 その1から続く

ルキナ
神竜チキよ…
我、資格を示す者。▽
その火に焼かれ、
炎の子となるを望む者なり。▽
我が声に耳を傾け、
我が祈りに応えたまえ…!▽

チキ
【覚醒の儀】を行ないし者よ…▽
我が炎に洗われた心に残った願いは、
ギムレーを倒す力を欲す━━▽
我が炎にも焼き尽くされぬ
強きその想い、確かに私に届きました。▽
あなたの剣に、
私の力を宿しましょう…▽

ルキナ
ありがとうございます…!▽

ギムレー
クッ…!
クソォォォォォォォッ!!▽
オ前ラごトき虫けら、
コノ体サエ動けばスグニでも…!▽
アイツめ…!
忌々シイこの体の主メ!▽
コノ期ニ及ンデ
マダ我と同化シナイトイウノカ!?▽
マダ邪魔ヲスルノカ!?
マダソノ心ガ生キテイルトイウノカ!!▽
オノレ…▽
オノレルフレーーーーー!!!▽

チキ
さぁ、行きなさいルキナ…いえ、
希望の未来を統べる、新しき聖王よ!▽
今のあなたになら…
邪竜を永遠に葬り去ることができる!

シンシア
よーしルキナ! 正義のヒーローの底力、
今こそ見せる時よ!!

デジュル

私たちがついてる! みんながあなたの
力になるから…負けるはずがないわ!!

ノワール
仇を討って…みんなの。
戦場で散った、私たちの大切な人の…!

ンン
みんなが今まで我慢した悲しみを…
辛さを、全部叩きつけてやるですよ!

ウード
さぁ、その剣で塗り替えろ…!
闇色の運命を、金色に輝く希望の未来に!!

アズール
終わらせよう、ルキナ…!
みんなの笑顔を奪った、この世界の絶望を!

ブレディ
最後だからって気ぃ抜くなよ!
絶対に…絶対に無事で帰って来い!!

シャンブレー
俺たちは幸せな未来を生きるんだ!
だから邪竜に負けるなんて、絶対に無い!!

ロラン
この状況は、幾つもの奇跡の結果…!
その続きを、僕たちに見せて下さい!!

ジェローム
行け。私たちの親が…
誰ひとり為し得なかったことを、叶えるために。

セレナ
あたし、信じてるからね! ルキナ!!
負けたりしたら、許さないんだからーーー!

ギムレー
…………▽
…さぁ、終わらせてくれ…
…ルキナ…

ルキナ
私はもう…負けはしません。
ここで決着をつけます。▽
この世界に、
希望を取り戻してみせる!▽
お父様、みんな、
見ていて下さい…!!

(ルキナがギムレーに斬りかかる)

ギムレー
これで…終わ…れる……▽
もう…誰も…
悲しませ……なくて……いい……▽
あり…がとう…
…みんな……▽
この…世界の……
…希望の…子供たち……▽
どうか……幸せに…
生き…………▽
…………▽
…………▽
マーク…ごめ……な…
ずっと…苦労を……かけ……▽
…………▽
…………

ルキナ
…終わった…▽
これで、平和な未来が…▽
良かった…本当に…▽
お父様…ついにやりました…

チキ
よくやったわね、ルキナ。
これで世界は救われた…▽
なにもかも、
あなたたちのおかげだわ。

ルキナ
チキさん…!▽
いえ、これはチキさんと…▽
違う世界から来たという
援軍のおかげです…!▽
彼らが助けてくれなければ、
私たちは死んでいました。▽
この世界だって、
きっと救えなかった…

チキ
そうね…けれど、あなたたちが諦めていれば
いくら私たちが手助けをしたところで、▽
ギムレーには勝てなかったわ。▽
…だから、
もっと胸を張りなさい。▽
あなたたちはこれから、この世界の
平和の象徴となるのだから。

ルキナ
それなら、
チキさんだって…

チキ
いいえ、ルキナ。私はすぐに、
ここを去らなければならないわ。▽
役目を果たした以上、こうやって
無闇に人と接触してはいけない。▽
私はもう、
神竜の巫女ではないのだから。

ルキナ
……!

チキ
けれど私は…
ずっとあなたたちを見守っているわ。▽
英雄王や、あなたのお父様たちと共に。
とても遠くて、近い場所から。▽
この世界の…ナーガとして。

ルキナ
チキさん…▽
はい…!
見守っていて下さい!▽
私たちが希望の未来を生きる姿を…▽
永遠に続く平和を作っていく姿を!

チキ
えぇ…楽しみにしているわ。
いつかまた、会いましょう。▽
世界を絶望から救った、
12人の英雄たちよ…

ルキナ
…………

セレナ
…行っちゃったわね、チキさん。

ルキナ
えぇ。少しだけ…寂しいです。
でも、きっとまた会えますよね。

セレナ
そうね。それに、これから寂しいなんて
感じる暇もないぐらいに忙しくなるわよ!▽
なんたって、あたしたちは
この世界を救ったんだから!▽
どう? 父さん、母さん、悔しいでしょ?
デキの悪い娘があんたたちを超えたのよ?▽
せいぜい天国から…見てて…
見ててくれてる、わよね…▽
うっ…うぅ…ほんとは…二人にも…
今ここに…いて欲しかっ……

ジェローム

…いなくなった奴らは、戻ってこない。
だが、彼らが夢見た世界は、▽
最期まで求めた希望は、
私たちが代わりに手にすることができた。▽
守っていこう、この世界を。
彼らがそうできなかった分まで。▽
なぁ? ミネルヴァ。▽
(ミネルヴァの鳴き声)
…そうだな。▽
きっと見ていてくれるだろう、空の上から。
そうだろう? 父さん、母さん…

ロラン
…何だか、実感がわきませんね。
これまでずっと戦ってきたはずなのに…▽
屍兵を倒し続けた日々も、
ペレジアに宝を取り返しに行ったことも、▽
まるで…
全て夢であったかのようです。▽
今までは、目が覚めるたびに
この現実が夢であればと願っていましたが、▽
これからは…目が覚めるたびに、
この現実が夢でない事を喜べるのですね。

ルキナ
はい、これはみんなで勝ち取った、
紛れもない現実です。▽
誰ひとり欠けずにいたから、
勝つことができた。▽
この中の誰か一人でもいなかったら…
私たちはきっと勝てなかったんです。▽
ありがとう…みんな。
みんなは、私の誇りです。

シンシア
それはルキナもだよ! ルキナは
あたしたちの…この世界のヒーローだもん!

デジュル
私も、みんなを誇りに思うわ。
強かったもの…その力も、その意思も。

ノワール
みんな無事で良かった…
もう会えなかったらどうしようって…何度も…

ンン
大丈夫。これからはみんな一緒なのです。
大人になっても、ずっと一緒なのですよ…

ウード

…嬉しくて、何も言葉が出てこない…
俺としたことが…涙しか……うっっ!

アズール
うん…今は思い切り泣いたらいいよ。
明日からみんな、笑って過ごせるんだから…

ブレディ
お、俺も…泣くのは最後にする…!
と、父さん、母さん、やったぜ、俺…!!

シャンブレー
やったぁー! みんな絶滅しなかった!
こんな嬉しい事ってないぜーーー!

ルキナ
…では、
そろそろ行きましょうか。▽
もうすぐ…夜が来ます。
皆が初めて心から安らげる夜が。▽
少しでも多くの人に、もうこの闇に
怯える必要がない事を告げて、▽
私たちも休みましょう。▽
明日になれば、
新しい太陽が昇ります。▽
それは、倒れていった者たちが
ついに見ることの無かった光…▽
私たちはこれから、一生を賭けて
その尊い光を守っていきましょう。▽
…………▽
ありがとうございます…▽
チキさん、みんな…▽
そして…異界から来た、
もうひとりの…お父様。

絶望の未来3 クリア後 その3に続きます
posted by IMOKO at 15:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 絶望の未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

シンシア 異界のシンシア

異界のシンシア
えっ…あたしがいる…?▽
…でも、そんなわけないよね?
鏡、かな…?
…………▽
えっと…あれ? なんだかあたし、
いつもより血色いいような…▽
髪も何だかつやつやしてるし、
服も思ったより破けてない…▽
もっとボロボロかと思ってたけど、
これならまだ頑張れそうだね。▽
…なんだかちょっと元気でてきちゃった。▽

シンシア
混乱するだろうから
話しかけられなかったけど…▽
異界のあたし…あんなにボロボロで、
やつれちゃってて…▽
それでも、世界のために
戦ってるんだね。▽
まるで、過去に飛ぶ前のあたしを
見ているみたい…▽
あたし、最近ちょっとたるんじゃってたかも。
もっと頑張らないと…!▽
よーし、このあたしが
異界のシンシアを守ってみせるわ!
タグ:シンシア
posted by IMOKO at 02:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 絶望の未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

絶望の未来 ボス会話

絶望の未来1 ボス戦会話

ルフレ(男性)横に待機した場合
!?
あれは、ギムレー様…!?▽
いや、でもまさかそんな…▽
だって、この姿はもう
随分昔の…!▽
もしかして、ナーガが異界から
呼び寄せた援軍…なのでしょうか。▽
あの竜…どこまでも
面倒な真似をしてくれますね…▽
ですが、気付いてしまった以上、
僕はこの人とは戦えません。▽
すみません、ギムレー様。
僕は撤退します…(撤退してマップクリア)

ルフレ(男性)が攻撃した場合は会話なし

一般キャラ 戦闘前

???(アイコンは「マーク(男)」)
あなたたちは…何者なんですか!?
話をする気なら無駄ですよ!▽
僕はもう、誰に何を言われようと
ギムレー様の元から離れません!▽
…あの方の邪魔をする気なら、
誰であろうと消し去ります!

絶望の未来1 ボス戦会話 倒した時
???(アイコンは「マーク(男)」)
ギムレー様…
僕…幸せ…でした…▽
あなたと…
共にいられたこと…▽
僕は…ずっと…
忘れませ……

絶望の未来2 ボス戦会話
???(アイコンは「マーク(女)」)
!! あなたは…!▽

ルフレ
え?

???(アイコンは「マーク(女)」)
ど、どうして
このような所にいるのですか!?▽
ここは危険です!
早く祭壇にお戻りください!

ルフレ

な、何を言ってるんだ…?

???(アイコンは「マーク(女)」)
あ、あれ?
あれはギムレー様じゃ…ない?

ルフレ
誰と勘違いしているのかは
わからないが…▽
そいつと俺は
おそらく別人だぞ。▽
俺はこの世界の人間じゃない。
さっきここに来たばかりの異界の者なんだ。

???(アイコンは「マーク(女)」)
異界…!?
では、あなたは異界の…!?▽
…まさか、異界から援軍が来ているとは…
早くギムレー様に報告しないと…▽
…でも…

ルフレ

どうした?

???(アイコンは「マーク(女)」)
…いえ、なんでもありません。▽
それよりあなた、
なぜそんな情報を私に?▽
私はあなたの敵かもしれませんよ。▽
戦場で相手にむやみに情報を与えるのは
得策とは言えませんね。

ルフレ

そうだな…お前は顔も見えないし、
正直ちょっと怪しい。▽
でも、敵とは思えないんだよな…

???(アイコンは「マーク(女)」)
…なんですか、その根拠は。
軍師とは思えない判断ですね。

ルフレ
ほぉ、なぜ俺が
軍師だってわかったんだ?

???(アイコンは「マーク(女)」)
…それは。

ルフレ
やっぱり、お前は俺のことを…▽
いや、この世界の俺のことを知っているんだな?▽
そして、さっきの言動から察するに…
それはお前のとても大切な人だ。▽
…違うか?

???(アイコンは「マーク(女)」)
だとしたらどうするんですか。
脅しでもして情報を吐かせますか?▽
悪いですが、私はどんな目に遭っても
何も言いませんよ。▽
私は、自分の意思で決めたんです。
あの人についていくって。▽
何があっても、
最後まで信じるって!

ルフレ

…そうか。この世界の俺が
いったい何をしているかは知らないが、▽
お前がそこまで
信じてくれているのなら、▽
この世界の俺は…
きっと幸せだな。

???(アイコンは「マーク(女)」)
…!!▽
そ、そんなこと…
あなたには一切関係ありません。

ルフレ
そうだな…少し立ち入り過ぎた。
すまない。▽
…お詫びに、これをやる。

???(アイコンは「マーク(女)」)
これは…

ルフレ
俺の愛用している本だ。
簡単な戦術が書いてあるんだが、▽
もし…軍師の傍にいるのなら
必ず役に立つ。

???(アイコンは「マーク(女)」)
…いいんですか?
私にこんなもの渡して。▽
ここに書いてあることを
全て敵に教えるかもしれませんよ。▽
…いえ、もしかしたらこの本を使って
私があなたを…

ルフレ

…いや、お前はそんなことしない。

???(アイコンは「マーク(女)」)
どうしてそう言い切れるんですか?

ルフレ
お前も…似てるんだよ。
俺のすごく大事な人に。▽
だから…きっとそんなことはしない。▽
こんなこと言ったら、何の根拠もないって
また呆れられるかもしれないがな?

???(アイコンは「マーク(女)」)
…………

ルフレ
…長く話しすぎたな。
それじゃ、俺はもう行くぜ。▽
お前と話せて、良かった。

???(アイコンは「マーク(女)」)
あっ、ちょっと待ってくださ…!▽
…………▽
この本、実はもう持ってるんですよね…
ずっと前にあなたがくれたんですよ。▽
この書き込みも、
ページの折り目も…おんなじ、ですね。▽
参りました…
こんなことされたら、もう戦えません…▽
今まで誰に何を言われても
揺らがなかったのに、▽
仲間や友達を手に掛けてでも
この道を貫くと決めたのに…
あなたのせいですよ…
…父さん。▽
優しかった頃のあなたに、
私が逆らえるわけがない…▽
ギムレー様…すみません。
私は撤退します。▽
ですが、あなたへの忠誠は
決して揺るぎません。▽
この罪を償うため、どんな罰でも
受け入れる覚悟はできています…
???(アイコンは「マーク(女)」)離脱

一般キャラ 戦闘前
???(アイコンは「マーク(女)」)
ギムレー様…私だけは、
あなたを絶対に裏切りません…▽
例えあなたがどんな姿になっても、
最後までついていくと決めているんです。▽
だから…邪魔をする者は、
全て私が排除します!!

一般キャラ 戦闘後
???(アイコンは「マーク(女)」)
ごめんなさい…
ギムレー様…▽
私…もっと勉強…
しますから…▽
また…一緒に…
戦術…を……

絶望の未来3 ボス戦会話
ルキナ・クロム・ルフレ 戦闘前会話なし

全キャラ共通? 戦闘後
クロム
やったか!?

ギムレー
グ…!!▽
グ…グ…!▽
マサカ…異界ノ者タチニ
コノような力が…!▽
…しかし、コレシキのコトデ
思イ上がる…ナヨ…▽
どう足掻コウガ…
貴様ラゴトキニ、この俺は倒セン…!▽
我が力の前ニ倒レルガイイ!
コノ…虫ケラドモガァァァァァ!!!

クロム
…………!!▽
…………
…………▽
攻撃…してこない?
どうして…

ギムレー
…て…くれ……

クロム
…なに?

ギムレー(ルフレの声で「クロム!」)
クロム…! 逃げてくれ…!

クロム
!?
どういうことだ…!?

ギムレー(ルフレの声で「俺は…俺は…」)
はやく…
早くここから逃げるんだ!▽
俺は、お前を殺すわけにはいかない…
お前を目の前で失いたくないんだ、▽
…今度こそ…!!

クロム
お前、まさか…!!▽
…うわっ!?

(クロム一行、転移で元の世界へ)
posted by IMOKO at 03:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 絶望の未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絶望の未来 離脱セリフ

絶望の未来2 離脱時セリフ

ブレディ
…どうやら、屍兵は撤けたようだな。
あとはイーリスまで、この宝玉を…!

シャンブレー
ウード、アズール…死んだりしてないよな…
先に行って、待ってるからな…!
posted by IMOKO at 03:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 絶望の未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。